« November 2006 | Main | January 2007 »

December 11, 2006

明治大学アフリカ文庫レクチャー&コンサート

「アフリカは音でつながっている -アフリカからのメッセージ-」

 日時: 2006年12月11日(月) 13:00開場 13:30~15:30
 会場: 明治大学リバティホール (駿河台校舎リバティタワー1階)
      千代田区神田駿河台1-1 JR御茶ノ水駅より徒歩4分
      ・入場無料
 
 コーディネーター: 明治大学名誉教授 江波戸 昭 氏
 演奏: パーカッション・デュオ 越智ブラザース
      世界の各地でフィールドワークを行い、様々なリズムを体験。 民族楽器、
      自然素材、美術的なオブジェを駆使し、人と地球を結ぶイメージを音楽で
      表現、海外でも高く評価され、TV、ラジオ、CDなど幅広く活躍している。

 お問合せ: 明治大学図書館庶務課 電話 03-3296-4243

≪ご参考:明治大学図書館 アフリカ文庫≫
1979年、当時のセネガル大統領サンゴール氏に、明治大学名誉博士号を贈ったことを契機に設置されました。
2006年度時点の蔵書数が約12,000冊にのぼり、アフリカ全土にわたる資料召集量としては我が国有数の文庫となりました。

(情報提供:日本エチオピア協会)

| | Comments (0)

新刊書紹介:『見る、撮る、魅せるアジア・アフリカ! -映像人類学の新地平-』

京都大学院アジア・アフリカ地域研究科に席を置き、エチオピア高原の音楽職能集団や吟遊詩人の研究と発表活動を行っている川瀬慈さんの共著です。

 『見る、撮る、魅せるアジア・アフリカ! -映像人類学の新地平-』
  北村皆雄・新井一寛・川瀬慈 編
  DVD添付(7作品、60分) 新宿書房 価格:3,500円+税

 
≪構成≫

はじめに・・・編集陣より

1章 「見えない」ものを撮る 
●イスラーム世界の情念・魅力を撮る
  エジプトのスーフィー教団、シャイフの資質・継承・育成の考察とともに
 (新井一寛)
●語られる呪術を撮る
  インド、移動民社会の変化のきざし (岩谷彩子)

2章 ひとのつながりを撮る
●唄声がつむぐつながりを撮る 
  エチオピア高原の吟遊詩人ラリベロッチ (川瀬慈)
●草の根のつながりを撮る
  タンザニア・都市の住民組織 (小林直明)

3章 「他者」を撮る
●「他者」としての私を撮る
  カメルーン、森の民とともに (分藤大翼)
●「他者」と私のあいだを撮る 
  ネパール、神に捧げられた寺院娼婦デヴォキー (弘理子)

4章 撮れないものを撮る
●秘儀を撮る・撮らない
  沖縄西表島古見、アカマタ・クロマタ祭祀

コラム: 映像人類学の潮流
始まりの映像民俗学・映像人類学 ・・・ 北村皆雄
映像人類学と劇映画 ・・・ 石谷寛
付録: 世界の映像人類学事情 ・・・ 分藤大翼
おわりに: ・・・ 市川光雄

本書カバーフラップより
「対象に深く入り込むことによって、映像という四次元の表現を通して、X次元の世界を提示するDVD付きの本書は、そのスリリングな試みの見事な成果だ。」(川田順造 人類学者)

(情報提供:日本エチオピア協会)

| | Comments (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »