« February 2011 | Main | April 2011 »

March 21, 2011

アフリカ力!災害時に役立つアフリカの知恵

1.1日は日の出とともに始まり、日の入りとともに終わる
    → やるべきことは、日のあるうちにやる
    → 灯りが燈らなければ、満月が照らす月明かりは眩しい

    ※多くのアフリカの国々では、日の出時刻に近い朝6時を
     1日の始まり(0時)とし、日の入りに近い夕方6時を
     1日の終わり(12時)とする時計を採用しています。
    ※多くのアフリカの国々では、月の満ち欠けに合わせた
     生活リズムを刻んでいます。特に伝統的な祝祭・儀礼は
     満月の晩に合わせ、火を焚き、夜を徹して行われること
     が多いです。

2.自分が歩ける距離を知る
   ≪参考:アフリカの人びとの日常的な歩行距離の目安≫
    水汲み・薪運び:往復1時間(1回以上/日)
    通学:往復2時間(5回/週)
    市場への道のり:往復6時間(1回/週)

3.1杯の水でできること
    → コップ1杯の水:洗顔から歯磨き
    → やかん1杯の水:飲料、調理、食器洗い、洗顔、歯磨き
    → バケツ1杯の水:全身を洗う(頭のてっぺんからつま先まで)

4.1枚の布でできること
    → 洋服として身に纏う
    → おんぶヒモにして赤ちゃんをおぶる
    → 身体を覆い、寒さから身を守る(赤ちゃん用のおくるみとしても)
    → リュック替わりにして荷物を背負う
    → 頭に巻いて危険から身を守る
    → 包帯替わりに細かく裂いて、怪我を手当てする

5.薬草を生活に役立てる
  ≪参考:日本で採れる薬草≫
    かぜ:ウメ、ネギ、ミカン
    下痢:ツユクサ、ナズナ、ヒマワリ、ダイコン、リンゴ
    頭痛:イチョウ、クワ、ハッカ
    火傷:アロエ、ガマ
    切り傷:アロエ、ガマ、ソテツ
    打撲:ビワ、スミレ、ベニバナ
    虫さされ:アロエ、ノビル
    鼻血:アザミ、ヨモギ、ウコン
    不眠症:カミツレ、クチナシ、スミレ
    催乳:タンポポ、ハコベ

6.わかち合い・助け合いの精神
    家族の単位は、親戚・友人・ご近所まで。
    常にこの単位で誰かが困れば、わかち合う。助け合う。

【3月22日追記】
誤解を生まないよう、下記の点について補足します。

アフリカの国々は、ご存知の通り、発展途上の只中にあります。
それ故に、地方と都市部とでは生活様式が大きく異なります。
電気・水道・ガスに頼らない生活を送る人びとが大勢いる一方で、都市部のインフラは急速に整備されつつあり、ライフラインが確保された生活を送る人びとも大勢います。
しかし、都市部に暮らす人びとも、急激な人口増加や地球温暖化の影響で、停電や断水が日常的、或いは雨季・乾季などの季節によって頻繁に起こり、正に震災に見舞われた日本の都市部が直面しているのと同じ課題を抱えていると言えます。
これを不便と思わず、当たり前と受け止め、首都機能がマヒすることなく、淡々と日々の生活が営まれる点に、アフリカの人びとの底力を、感じないではいられません。

************************************************
この場にそぐうかどうかわかりませんが、生活のお役立ち情報
として掲載させていただきます。

東北関東大地震による地震・津波の犠牲となられた皆さまの
ご冥福を祈り、被災地の皆さんが、1日も早く日常を取り戻さ
れることを願っています。
状況は、刻一刻と変わりますが、命を懸けて日本の危機的状
況を救おうと懸命の作業に当たられるFUKISHIMA50(今はさら
に人数が増強されていると聞きます)に心からの感謝を奉げ、
強い日本、強くなる日本を信じます。

(情報提供:管理人)
************************************************

| | Comments (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »